2006年12月29日

水江町の爆発事故


今年の川崎コンビナートの大事件といえば、水江町の爆発事故。

日曜の午後、自宅でウダウダしていると尋常ではない消防車の騒音と、騒々しいヘリの爆音が。
時間が経っても一向に収まらないのでニュースを見ると、水江町で爆発事故があったらしい。
高温の廃油作業をリモート操作で行っている最中の事故らしく、延焼や人的被害などなくて幸い。
それでもタンク1基がほとんど吹き飛んでおり、2キロ離れた臨港警察署の窓ガラスが震えたらしいから、かなりの破壊力だった。

あわてて水江町に駆け付けると、すごい報道陣。
この写真だと、中央正面に小さく見えているタンクの向こう側に隣接したタンクが爆発していた。

事故や災害が起こると、どうしても規制強化→一般人立ち入り制限強化、という流れになりがち。
もちろん安全は重要なんですが、コンビナートを身近に楽しめなくなるのも悲しいですし、事件事故が起こらないように日々の平穏と安全を祈るばかりです。
(2006/05/21 17:38) PENTAX *istD + smc PENTAX-FA35mmF2AL
posted by moonfactory at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 川崎 - 水江町