2007年04月30日

川崎市小島町の工場

川崎市小島町・・・ですが分類上「浮島」カテゴリに入れておきます。


(2007/04/07 17:32) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

浮島通りを東に向かって走り、浮島橋の手前で90度右方向に分岐する道路があります。
一直線に南下して行き止まりになるだけですが。


(2007/04/07 17:32) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

この通りは昔、神奈川臨海鉄道浮島線から分岐した専用線が通っていました。
道路は浮島通りと直角に交差していますが、ちょうど浮島通りとの交差点を弧を描いてショートカットする形で。
地図で見ると、交差点付近の建物が弧を描いていることがわかります。

また上の写真でいうと、手前に写っている道路の路肩が妙に広いですが、ちょうどその辺りを貨物線が通っていたようです。
数年前までは線路が残っていたり埋めた跡が判別できたようですが、いまではほとんどわからないです。


(2007/04/07 17:33) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

この通りでの見所は、この大工場。
うねうねとした巨大なパイプ群。
どす黒く大迫力の、まさに「工場」というイメージそのもの。
写真では、このスケール感はまったく伝えられないです。


(2007/04/07 17:33) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

あまりの巨大さに呆然と立ち尽くす、という感じです。
近くから見ることができないのは残念。

殿町や小島町も埋め立て地ですが、浮島町や千鳥町よりも歴史が長いようです。
小島町にはいくつかの専用線が存在した可能性がありますが、上の専用線しか判明しませんでした。
殿町はいすゞ自動車工場が撤退して区画整理中ですが、小島町側の工業地帯はまだまだ現役。
posted by moonfactory at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 川崎 - 浮島町

2006年12月22日

コンビナートにかかる三日月


浮島町の浮島橋から多摩運河を見る。

正面に見える炎が千鳥町の新日石のフレアスタック。
低空にどんよりかかる雲には夕焼けの赤が鈍く残り、空は深く青い。
なんともJPEG泣かせのグラデーション。
これは肉眼で見るしかない!
(2004/11/16 16:55) PENTAX *istD + smc PENTAX-FA43mmF1.9
posted by moonfactory at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 川崎 - 浮島町

2006年12月19日

浮島町の夕暮れ


浮島町のたそがれ。
コンビナートの夕方のベタ凪ぎ、静寂。
何度体験してもこの瞬間がたまらない。
(2006/12/03 16:32) PENTAX *istD/smc PENTAX-A*85mmF1.4
posted by moonfactory at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 川崎 - 浮島町

2006年12月03日

浮島町のタンク


浮島町、夕暮れに沈むタンク。
天気がよく、夕焼け空もキレイだった。
夕日の赤から、星空の青へ、そしてコンビナートの緑、グラデーションが最高。
(2006/12/03 17:01) PENTAX *istD/smc PENTAX-A 35mmF2
posted by moonfactory at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 川崎 - 浮島町