2007年05月01日

東京都港湾局専用線(その1)

豊洲の春海橋編に続いて、旧東京都港湾局専用線を追いかけます。
JR京葉線潮見駅で下車し、徒歩で豊洲を目指すことにします。


(2007/04/08 15:56) Leica M8 + Biogon25mm/F2.8 ZM

潮見の暁橋から汐見運河を。
左右に横切っている高架がJR京葉線、その向こう岸は小名木川貨物線です。
この京葉線と小名木川貨物線が合流する辺りが、越中島貨物駅。

左手前、ガランとした空き地になっていますが、地図によると「日本カニゼン」の工場跡らしいです。


(2007/04/08 16:04) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

暁橋をすぎて進んでいくと、小道に入ったところにしおかぜ橋という人道橋があります。
このしおかぜ橋で汐見運河を渡り、さらに越中島貨物駅を渡ることができます。

写真正面の地下に潜っていく複線がJR京葉線で、旧成田新幹線再利用地ですね。
左上方に側線が多数見えるのが越中島貨物駅。現在はほとんど貨物扱いがなくなってしまいました。
左手にへろへろと延びている単線が、旧東京都港湾局専用線の深川線・晴海線です。
この東京都港湾局専用線は・・・


(2007/04/08 16:05) Leica M8 + Biogon35mm/F2 ZM

・・・反対側ですぐ終わってしまいます。
コンクリートの車止めで終端していますが、実はその先。


(2007/04/08 16:09) Leica M8 + Biogon25mm/F2.8 ZM

団地の前を線路が延びています。
長くなったので(その2)に続きます
posted by moonfactory at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 工業地帯 - 東京
この記事へのコメント
こんにちは。
越中島貨物駅の先の、東京都港湾局専用線の遺構、周囲のマンションや駐車場、何事もなかったかのような道路に囲まれて、不思議な雰囲気の一角になっていますね。
ここを蒸気機関車やディーゼル機関車が貨車を引っ張っていた時代には、この辺りは工業地帯の喧騒と高度成長の明るさ、そして公害に溢れていたのでしょうね。
今では草に埋れたしずかなレールを見ながら、昔を想像して、そして今の真新しい京葉線の電車を見るのも、悪くないものです。
今後とも、宜しくお願い致します。
Posted by 風旅記 at 2011年11月04日 17:33
どうもです。
日本の経済成長を支えた工業も徐々に衰退し、公害のない社会に変わりつつあることは喜ばしいものの、諸行無常感を感じてしまう工業地帯。
ましてここは東京の真ん中ですから、なんとも不思議なものです。

京葉線もまた、成田新幹線と臨海貨物線の夢の跡ですから、なんとも感慨深いものですね。
Posted by moonfactory at 2011年11月05日 02:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3875188

この記事へのトラックバック